国際

一進一退 - 事業報告(2016年7-9月期)

PR Document

一進一退

2016年7-9月期の事業報告です。一進一退。前期に新しい試みを始めた成果が数字になって表れてきています。ページ閲覧数(PV)は5.9万件で前期比-25%となっております。一方、記事一本あたりのアクセス数は、604件から889件へ回復し、前期比+47%となっております。これは、前期から新たに追加した『開発途上国に関するニュース』というコンテンツの影響です。

これは、開発途上国の地元紙に掲載された注目度の高い記事を日本語に要約して発信するコンテンツで、速報性の高い記事となります。それ故、大量生産、大量消費の記事です。SNSを通じてタイトルだけ見てサイトを訪問しない読者の方も多いコンテンツです。ニュースコンテンツを集中的に追加投入したことによって、前期は129本の記事を公開し、PVは7.8万件まで急増しました。一方、記事数が増えればPVが増える一方、記事一本当たりのアクセス数は減少するという影響が出ています。

今期は、ニュースコンテンツと従来型のオピニオンコンテンツのバランスを保つことに注力しています。事業報告の詳細については、媒体資料 (2016年7-9月期)をご参照ください。

2016-q3-pv

 

提携パートナーの拡大

多方面からお声がけいただけるようになり、提携パートナーが増えています。現在、記事を配信しているのは以下のサイトやアプリです。配信先からの流入は然程見込むことができないため、PVへの影響は軽微です。一方、The Povertistに掲載された記事が他のサービス・メディア媒体に掲載される可能性が広がりつつあることから、開発途上国で活躍する専門家の方がThe Povertistで執筆した記事がより多くの人々の目に触れることになる大きなメリットがあります。配信先・パートナーからのアプローチは、引き続き前向きに検討していきたいと考えています。

 

今後の方針

ニュース記事とオピニオン記事をバランスよく配信していく方針です。ニュースコンテンツについては、貧困、社会保障、開発援助機関の動向といったキーワードのみのカバレッジとなっています。将来的には、ニュース記事をピックアップし、解説を付して発信する専門家・ライターの方が増えれば面白いと思っています(NewsPicksに近いイメージかもしれません)。

開発途上国のニュース記事は、日本であまり報じられないコンテンツです。必然的に、多くの記事がグーグルなどの検索システムの上位に定着しています。ニュース記事を通じた検索からの流入と、より内容の濃いオピニオン記事をバランスよく配信していければと考えています。

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*