アフリカ

アフリカに子供の貧困が蔓延する日、2030年に世界は貧困を撲滅できるのか?

Photograph: Freedom House
Photograph: Freedom House

アフリカの子供の貧困が世界の4割の貧困を占める

14年後の2030年、国際社会は絶対的貧困の撲滅を目指しているが、アフリカの子供が世界の4割の貧困を占める世界が訪れるのかもしれない。

英国のシンクタンク海外開発研究所(ODI)の報告書によれば、「2030人までにサブサハラアフリカの子供たちの22%が1.9ドル以下の暮らしを強いられる」可能性がある。

これは、世界の貧困層の43%(約1.5億人)がアフリカに暮らす子供たちということを示している。実に、2012年の数値の2倍に当たる水準だ。

同報告書については、別の記事で詳しくレビューしてみたい。


ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

one + 5 =