中国

中国が貧困削減のために200万人を住民移転、2020年までに貧困撲滅へ

Photograph: Skyline before sunrise
Photograph: Skyline before sunrise

今年、中国は200万人の最貧層を農村部から発展著しい都市部へ住民移転することを計画しているようだ。さらに、2020年までには1,000万人の住民移転を行い、貧困撲滅を目指すとしている。

中国は1978年の市場開放以降、8億人を貧困から脱却させることに成功した。

しかし、「開発途上国」のカテゴリからは未だ抜け出せておらず、世界銀行は改革が不十分であると指摘していた。

現在、中国の貧困率は5%だが、人口にすると7,000万人。特に、これらの多くは農村部に居住しており、年間4万円(2,300元)で暮らしている。

今年3月、李克強(り・こくきょう)国務院総理は、貧困削減プログラムへ43%の予算増を約束した。

2020年までに残り7,000万人を貧困ラインから上へ押し上げる構えだ。

 

参照:China to relocate 2 million people this year in struggle to banish poverty

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

7 + sixteen =