カンボジア

旱魃がカンボジアの漁業セクターに打撃、政府は楽観的

Photograph: Ippei Tsuruga
Photograph: Ippei Tsuruga

カンボジア政府は漁業生産量の成長を1.3%見込んでいるが、漁業関係者は目標達成について懐疑的な見方を示している。旱魃の影響が原因だ。

カンボジアの水産業をモニタリングする漁業行動連合チーム(Fisheries Action Coalition Team: FACT)によれば、旱魃の影響で水位低下が著しく漁業に影響を与えているとのこと。カンボジア全土の漁業エリアのうち70%で季節はずれの水位低下に見舞われているようだ。

カンボジア政府はこうした状況に理解を示しつつも、1%以上の成長は確保できると見ている。

ただ、政府発表と外部ソースが示す数値の間に大きな乖離が見られる点も指摘されている。先週、政府が発表した昨年の漁業生産量は3%の減少だったが、WFPのデータは17%の減少を示していた。

歴史的な旱魃がカンボジアの漁業セクターに打撃を与えているが、影響の正確な把握が求められそうだ。

 

参照:Drought weighs on fishery production target

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

four × five =