グルジア

ジョージアの子供の貧困と社会保障に関する報告書をユニセフが発表

Georgia Child Poverty
Photograph: Development Pathways

ユニセフは昨年末、ジョージア(グルジア)の子供の貧困と社会保障に関する報告書を発表した。この報告書では、同じ家計をパネルデータで5年間追跡調査を行い、所得のブレによる貧困ダイナミックス(貧困からの脱却と貧困へ再び陥ること)に焦点を当てて分析を行っている。

ジョージアでは多くの子供たちが貧困状態にあるか、常に貧困リスクのある状態で生活をしており、社会保障の重要性が増している。

報告書では特に、子供給付(Child Benefit)、出産保険(Maternity Insurance)、失業保険(Unemployment Insurance)、共働き世帯向けの保育サービスの拡充などが推奨されている。

 

参照:Child Well-being and Social Security in Georgia: The Case for Moving to a More Inclusive National Social Security System

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

1 × five =