ガーナ

ガーナ、貧困層が国民健康保険へ登録、UHCへ前進

Photograph: World Bank
Photograph: World Bank

社会保障拡充で貧困層の保健アクセス向上を狙う

ガーナ政府は、6県に居住する貧困層83,300人を新たに国民健康保険(National Health Insurance Scheme: NHIS)へ登録したことを発表した。

2015年11月から、『African Health Markets for Equity (AHME)』と呼ばれるプログラムの下、ガーナ政府は貧困世帯のNHISへの加入登録を支援してきた。NHIS加入を通じて保健アクセスの向上を促すためだ。

今後、プログラムは10万人の貧困層の加入を今年8月までに達成することを目指している。

こうした動きからは、ガーナにおけるユニバーサル・ヘルス・カバレッジへの取り組みの進捗が伺える。今後の進捗に注目が集まる。

 

参照:Indigents from six districts registered with NHIS

One Comment

  1. Pingback: ガーナのユニバーサル・ヘルス・カバレッジの重要性を確認、日本政府 | The Povertist

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*