インド

インドでベーシックインカムが貧困削減に寄与

photo credit: ruSSeLL hiGGs via photopin cc
photo credit: RUSSELL HIGGS
※追記(2017年2月14日):インドにおけるベーシックインカムの議論の動向を別の記事「インド政府がベーシックインカム導入に関心、財源に課題」でアップデートしました。あわせてご覧ください。

社会保障分野の調査・分析を専門とする英国のコンサルティング会社(Development Pathways)が、インドのベーシックインカムプロジェクトのインパクト評価を行った。

調査報告によれば、短期期間かつ低い給付水準だったにもかかわらず、案件の効果は大きかったという。特に、生活水準、栄養、教育のそれぞれの指標で大きな改善が見られたようだ。

インドには世界の最貧層の約半数が集中しているため、インドで社会保障をいかに運用し、貧困削減を達成するかで、世界の絶対的貧困を2030年までに撲滅することができるかが左右される。

今回の調査報告は、ベーシックインカムが一つの解決法となる可能性を暗示したものだ。


参照:The Basic Income Experiment in India

3 Comments

  1. Pingback: インド政府がベーシックインカム導入に関心、財源に課題 | The Povertist

  2. Pingback: フィンランドがベーシックインカムを導入、複雑化した社会保障制度を改革 | The Povertist

  3. Pingback: スイスが全国民に月30万円のベーシック・インカムを給付か? | The Povertist

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*