タンザニア

タンザニア、社会保障をインフォーマル・セクターへ拡大、貧困撲滅へ政府が約束

photo credit: CGAP
photo credit: CGAP

タンザニア政府が社会保障カバレッジ拡大へ本気モードだ。サイモン・ムワンジャリ首相府シニアエコノミストが、インフォーマル・セクターへ社会保障カバレッジを拡大させることの重要性を語った。

「タンザニア政府は社会一丸となって社会保障の拡充へ向けた努力を続けていく」

国際社会は持続可能な開発目標(SDGs)を踏まえ、貧困撲滅だけでなく、日常に潜むダウンサイドリスク(病気・失業・災害など)への対応に重きを置き始めている。

個人や世帯レベルでのリスク対策に関しては、貧困削減に直接寄与することから、多くの開発途上国が社会保障制度整備の重要性を認識しつつある。

開発途上国の社会保障制度は、フォーマル経済に属する企業勤めの正規労働者を対象にしていることが多く、インフォーマル・セクターへのカバレッジ拡大が至上命題となっている。

こうした状況を踏まえ、タンザニア政府高官が明示的に「インフォーマル・セクターの取り込み」を挙げたことの意義は大きい。

今後、タンザニア政府がいかにカバレッジを拡大していくか、目が話せない。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*