国際

JICA研究所の有識者インタビューがおもしろい

You Tube開発援助業界で活躍する有識者のインタビューが89本

「休日は何をしていますか?」と聞かれ、「You Tubeを見ています」と答えると冷ややかな目で見られるこの頃。今日は、「動画鑑賞も悪くない」と思ってもらえるように、最近はまっている動画をご紹介したい。

開発援助業界で活躍している方、これから開発途上国の発展に尽力したいと思っている方に必見なのが、JICA研究所のインタビュー特集だ。現時点で89本のインタビュー動画が投稿されている。JICA研究所でイベントを行う際などに撮影され、比較的高頻度でアップされている。

世界中の研究者や実務家から国際機関のトップまで

有名どころで言えば、前ASEAN事務局長国連大学総長日本イギリスアメリカの世界屈指の研究機関、世界銀行アジア開発銀行などの実施機関も網羅しており、バラエティーに富んだ話が聞ける。

私の個人的な好みで言えば、The Povertistへ寄稿して頂いているローレンス・ハダッド(IFPRI)のインタビュー。栄養分野の世界的権威であるだけでなく、オピニオンリーダーとして援助潮流にも影響を与え続けている。トピックから選ぶとすれば、条件付き現金給付(CCT)のインパクトについて語ったマリト・ガルシア(世界銀行)がおすすめだ。

偉い人に人生を語らせる他では見れないインタビュー

冒頭、「はまっている」と書いたのには別の理由がある。しばらく見ているとあることに気づくだろう。インタビューの質問が一風変わっていて面白い。JICA研究所のインタビューでは、一番最初にほぼ必ず聞く質問がある。

「あなたのバックグラウンドを教えてください」

開発業界のトップを極めた人たちが生い立ちを語る姿を見たことがあるだろうか。聞かれた方も意外なトピックを振られて一瞬キョトンとする人もいれば、大学生時代からの昔話を喜んで話し続ける人もいる。

例えば、直近のインタビューでは、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのマネジメント学部のトップが、かなりの時間を割いてバックグラウンドを語っている。

偉い人がどうやってそこまでたどり着いたのか、ニコニコしながら話す姿は実に面白い。開発援助業界でキャリアを歩むプロフェッショナルにとっては、とても興味深いインタビュー集ではないだろうか。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*