スイス

スイスが全国民に月額30万円のベーシック・インカムを給付か?

Switzerland Flag

英インディペンデント紙によれば、スイスが月額2,500フラン(約30万円)の給付を全国民(成人)に対して行うことを検討していると報じた。

ベーシック・インカム(Basic Income)と呼ばれる社会保障制度の一環で、老若男女、働いているか否かを問わず、全国民に最低限の所得を補償するものだ。

フィンランドが同様の制度の導入を検討していると報じられたが、実際に国民投票を実施するのはスイスが初となる。2016年6月に実施される国民投票には世界中の注目が集まる。

また、成人に対するベーシック・インカムとは別に、子供一人当たり月額625フラン(約7万円)の子供給付制度の導入も検討されているようだ。

予算規模は年間2,080億スイスフラン(約25兆円)で、税金のほか、社会保険(Social Insurance)や公的扶助(Social Assistance)に充てられている予算を組み替えて捻出される見込み。

ヨーロッパ諸国でベーシック・インカムの検討が進んでおり、どの程度成果が表れるか、注目が集まる。これから社会保障制度整備をはじめる開発途上国にとって、新しい先例ができることになるかもしれない。

2 Comments

  1. Pingback: フィンランドがベーシックインカムを導入、複雑化した社会保障制度を改革 | The Povertist

  2. Pingback: インドでベーシックインカムが貧困削減に寄与 | The Povertist

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*