ケニア

ケニアで8月27、28日に第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)を開催

記者会見に臨むアミナ・C・モハメド・ケニア外務・国際貿易長官
記者会見に臨むアミナ・C・モハメド・ケニア外務・国際貿易長官

アフリカ独自のリーダーシップと開発のビジョンを

国連開発計画(UNDP)、ケニア共和国政府外務・国際貿易省、日本政府その他関係機関は本日、2016年8月27、28日の両日、ケニアのナイロビで開催予定の第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)に先駆け、記者会見を行いました。

記者会見の席上、ケニアのアミナ・C・モハメド外務・国際貿易長官は、メディアとケニア国民に対し、1993年の発足以来、アフリカで初の開催となるTICAD首脳級会合を支援するよう訴えました。そして、今後はアフリカと日本で交互に首脳級会合を開くという新たな仕組みによって、TICADの原則である国際的パートナーシップとアフリカのオーナーシップ(主体性)が促進されると指摘しました。

モハメド長官は「TICADプロセスには、アフリカ独自のリーダーシップと開発のビジョンを次々と進めていくという狙いがあります。TICADのアフリカでの初の開催は、アフリカが成熟したことを示すだけでなく、ケニアとアフリカに、持続可能な開発目標(SDGs)という新たなグローバル・アジェンダを前進させようとしていることを実証する機会にもなるでしょう」と語っています。

モハメド長官はまた、アフリカと日本、開発パートナー、国際機関、市民社会、民間セクターから6000人以上が参集する今回の会議では、経済成長、貿易と投資、持続可能な開発、人間の安全保障、平和と安定、統治といった主要なテーマ別サイドイベントに加え、各国首脳と日本・アフリカの民間セクター代表による初の対話式本会議が開かれることも明らかにしました。

TICADには、すべてのアフリカ諸国の首脳のほか、国際機関、開発パートナー、民間セクターと市民社会組織の代表も招待されています。TICAD Vまで、首脳級会合は5年に1度、いずれも日本で開催されていました。2016年以降、TICADは3年に1度、アフリカと日本で交互に開催されることになります。

TICADプロセスは、日本政府、国連開発計画(UNDP)、世界銀行、アフリカ連合委員会(AUC)、国連アフリカ担当事務総長特別顧問室(UNOSAA)の5機関の共催で進められます。共催機関は連携し、TICADプロセスの全ての側面からの成功の実現に努めています。

ミシェル・バリマUNDPケニア常駐代表代理は「UNDPは、この成長著しいTICADプロセスの共催を務めてきたことを誇りに思います。私たちは組織全体として、このプロセスの支援に全力を尽くしており、すべてのステークホルダーとともに、TICAD VIの成功を楽しみにしています」と述べています。

森美樹夫・在ケニア日本国大使館公使は「TICADプロセスの中心的な理念の一つとして、アフリカ諸国が当事者としてアイデアを進めていくことが挙げられます。このオーナーシップにより、これまでも優れた政策が策定されてきました。私たちは今回のTICADでも、一層大きな成果を期待しています。今回の会議は日本がアフリカに触れ、アフリカが日本と世界に触れる絶好の機会となることでしょう」と所見を述べ、この会議のアフリカにとっての重要性を強調しました。

TICADは1993年、日本政府と国連、(当時の)アフリカのための世界連合による共同イニシアティブとして、アフリカとその開発パートナーとのハイレベルの政治対話を促進すること、およびアフリカ主導による開発への取り組みに対する支援を結集することの2つを目的に発足しました。

UNDPは、アフリカにおける持続可能な人間開発を加速するため、TICADプロセスを通じ、すべてのステークホルダーとのパートナーシップの推進と強化を続けています。TICAD独自のオープンで包摂的な性質、そして国際的パートナーシップとアフリカのオーナーシップという2つの原則により、TICADプロセスは共有のビジョンと優先課題に基づき、革新的なパートナーシップを育て、アフリカに対する国際的な支援を結集する格好の場を提供しています。

ケニアでは、UNDPと日本の協力により、日本の資金拠出によるインパクトの大きなプロジェクトを数多く実施しています。具体的には、トゥルカナ、タナ川両県の干ばつで被災したコミュニティの生活の復興と安定や、国際平和支援訓練センター(IPSTC)への支援が挙げられます。IPSTCは、東アフリカの地域的平和維持能力の整備を図る機関であり、すでにアフリカ連合(AU)と国連の平和維持への取り組みに大きく貢献しています。

 

編集後記

2013年に開催されたTICAD Vには、アフリカ39か国の首脳のほか、72の国際機関、市民社会、そして前回を上回る民間セクターの参加者が集まりました。また、アジアやラテンアメリカ、さらには従来のドナー国からの参加もありました。TICAD VIには、世界各地と社会各層から6000人を超える参加者が見込まれています。

TICADプロセスはアフリカ主導による開発に加え、開発の議論にアフリカの声を反映することにも大きく役立っています。TICADはミレニアム開発目標(MDGs)と持続可能な開発目標(SDGs)にも大きく貢献しました。TICAD Vはすでに「ポスト2015年開発アジェンダに対するアフリカ共通ポジション」やSDGsと全面的に整合するものとなっていました。TICAD VIは、最近の世界と地域の動きについて考え、アフリカの開発加速と持続可能な開発に向けた共通の優先課題を明らかにする機会となるでしょう。

オープンで包摂的な性格を有するTICAD VIには、アフリカの開発に民間セクターが果たす役割の拡大を反映し、日本、アフリカその他世界各地から多くの企業代表も参加する予定です。

 

国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所ウェブサイトより転載

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

20 − three =