ジンバブエ

ジンバブエ旱魃で食糧輸入、南部アフリカを気候変動が襲う

Photograph: Steve Dorman
Photograph: Steve Dorman

気候変動でジンバブエが食糧不足

ジンバブエが1月から4月までの短期間で、35万トンのメイズを輸入していたことが世界食糧機関(WFP)の発表でわかった。旱魃による国内の穀物不足の影響を緩和することが目的だ。

WFPによれば、ジンバブエは180万トンのニーズを満たすために、さらに130万トンを輸入する必要があるようだ。

南部アフリカではエルニーニョの影響によって経済成長の鈍化と食糧価格の高騰が顕著に見られている。

来年4月までには、同地域に居住する3,200万人が旱魃の影響を受ける見込みで、677百万ドルが不足すると見られる。

 

参照:Zimbabwe imported 350,000 tonnes of maize to end of April

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*