カンボジア

カンボジアコーヒー

※この記事は2010年に書かれたものです。当時からカンボジアのコーヒー事情は随分変わりました。2017年にカンボジアコーヒーの状況をアップデートした記事の投稿がありましたので、そちらもご覧ください。
写真: プノンペン。1月30日撮影 (2010年 THE POVERTIST / Ippei Tsuruga)
写真: プノンペン。1月30日撮影 (2010年 THE POVERTIST / Ippei Tsuruga)

カンボジアコーヒーとは?

カンボジアコーヒーはカンボジア原産のコーヒー豆を使用したコーヒー。世界中で愛飲されているアラビカ種のコーヒーとは異なり、酸味が無く、とにかく濃い味が楽しめる。また、原産地はカンボジアの北東部ラタナキリ州が有名である。

カンボジアコーヒーの飲み方

その味だけでなく、飲み方もまた特徴的である。淹れたコーヒーにたっぷりのコンデンスミルクを流し込むのがカンボジア流。プノンペンの街角で注文すると50円程度で飲むことが出来、庶民に親しまれている。また、個人的な嗜好としては、すべて飲み干した後にクメール茶を頼み、残ったコンデンスミルクと混ぜて飲む。ドケチ根性が生んだ絶品である。是非お試しあれ。

カンボジアコーヒーの作り方

Photograph: Ippei Tsuruga
Photograph: Ippei Tsuruga
Photograph: Ippei Tsuruga
Photograph: Ippei Tsuruga

プノンペンに住んでいると、簡単にラタナキリ産のコーヒー豆を購入することができる。しかし、何度挑戦しても、店先で注文したあの味を家で出すことができなかった。実は特別な作り方があるらしい。

ドリップ用に挽いたラタナキリコーヒーをカップ一杯につき大さじ山盛り2杯、ペーパーフィルターへ入れてください。沸騰させたお湯を火からおろして1分待ってからフィルターへ注ぐ。本格的な味をお楽しみになる場合はドリップを3回くりかえす。熱いうちに氷を満たしたグラスに注いで、コンデンスミルクと一緒に頂く。

ぜひお試しあれ。

カンボジアコーヒーの入手方法

プノンペン在住の方は、中央市場(プサー・トメイ)の近くSt.217付近(バス乗り場のすぐ近く)にコーヒー豆販売店を見つけることができる。100g50円程度から購入することができ、私はいつもそこで、ラタナキリコーヒーを200g挽いて貰う。

 

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*