アフリカ

援助は本当に死んでしまったのか?

photo credit: Julien Harneis via photopin cc
photo credit: Julien Harneis via photopin cc
援助じゃアフリカは発展しない(Dead Aid)。ダンビサ・モヨが援助関係者を震撼させるベストセラーを世に送りだしてから4年が経った。2015年に迫ったミレニアム開発目標後の世界で援助はどういった役割を担えるか。国際開発援助の世界ではこの4年間、しきりに議論を重ねてきた。

「援助は死んでいない」

国連世界開発経済研究所(UNU-WIDER)のフィン・タープ所長は力強くこう語った。

この記事の全文はこちらから(英語)

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*