カンボジア

プノンペン陥落-アル・ロックオフの写真館

Photograph: Ippei Tsuruga
Photograph: Ippei Tsuruga

首都プノンペンを流れるトンレサップ川。その辺にFCCというバーがある。かつてここには外国人記者クラブ(Foreign Correspondent Club)があり、1993年にこのバーがオープンしたとのこと。記者たちは、激動のカンボジアをここから世界に発信し、何を思ったのだろう。

Photograph: Ippei Tsuruga
Photograph: Ippei Tsuruga

その記者の一人、アル・ロックオフはFCCに小さな小さな写真館を置いた。一階からバーに繋がる階段が、彼の写真館である。市街戦で倒れる兵士。既に息の無い知人を治療する人々。今も変わらぬ面影を残すプノンペンの市街地。全ての写真が当時を思い起こさせる。

その中の一枚に、とても印象深いものを見つけた。1975年4月17日、プノンペン陥落の日。アル・ロックオフは、プノンペンに悠々と入城してくるクメール・ルージュの戦車に乗って人々を撮影していた。映画キリング・フィールドでも描写されているこの場面は、あまりにも痛々しく、そして悲しい。

クメール・ルージュの勝利によって戦争の終わりを願った人々は、その直後にプノンペンを追い出され、農場で強制労働に従事させられた。これによって200万人いたプノンペンの人口はたったの5000人まで減り、大量虐殺と飢餓によって数百万(当時の人口の3分の1)の命が失われたといわれている。

平和を願う人々の思い。これから起こる残虐な歴史。それらを同時に見ることができる一枚が、そこにはあった。

写真: FCC Phnom Penh。2月7日撮影 (2010年 THE POVERTIST / Ippei Tsuruga)
写真: FCC Phnom Penh。2月7日撮影 (2010年 THE POVERTIST / Ippei Tsuruga)

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*