北アメリカ

アメリカが最低賃金を議論

photo credit: MDGovpics via photopin cc
photo credit: MDGovpics via photopin cc
アメリカが最低賃金をどうするか議論している。途上国の社会政策の中で多く語られてきた、貧困対策。最近になって、先進国でも活発に議論されるようになった。

最低賃金だけでなく、現金給付もアメリカでは行われている。ニューヨークで実施されたことは記憶に新しい。また、フードスタンプも有名だろう。こうした社会政策に関しては、先進国は途上国に学ぶことが多いのかもしれない。

この記事の全文はこちらから(英語)

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*