カンボジア

アジア開発銀行、カンボジアの金融業界のために4,000万ドルの融資を承認

Photograph: Ippei Tsuruga
Photograph: Ippei Tsuruga

アジア開発銀行(ADB)は11月18日、カンボジアの金融業界の強化と、銀行の無い地域への金融参入を促進するため、4,000万ドルの融資と60万ドルの技術援助交付金を承認したと発表した。

融資や技術援助交付金は、ADBが資金を提供する包括的金融セクター開発プログラム(Inclusive Financial Sector Development Program=IFSDP)を介して融資される。実行された場合、プログラムは年に最高3億9,100万ドル、また国内総生産の2.3%の潜在的な経済的利益をもたらすことが期待されるという。

声明では、「IFSDPは、効率的かつ安定的な金融業界の発展を支援することにより、適切な金融サービスを人々に届け、政策のサポートと消費者保護の強化は、農村世帯、農家、中小企業に利益をもたらすことが期待される」と発表した。また、このプログラムは、「新しいサービスや製品導入をサポートし、既存の金融業界のインフラをアップグレードする」と付け加えている。

過去数年間の経済成長により、カンボジアの貧困層は、2007年の47.8%から2014年には13.5%に減少している。しかし、ADBによると、1日2ドル以下で生活しているカンボジア人は人口の41%、特に農村部では90%と指摘しており、依然として貧困の影響を受けやすい。また、金融機関への正式なアクセスを持つのは人口のわずか59%、金融機関を利用できない成人人口は約30%に上るという。

CBP Logo

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

six − 4 =