執筆者募集:開発途上国の貧困と開発について書きませんか?

s-DSCF3343

 

執筆者を募集しています

The Povertistでは記事の投稿を広く募集しています。開発途上国の貧困問題・開発援助に携わっている方々が直接発信し、意見を交わす。そういったメディアはこれまでありませんでした。開発途上国への理解を高めること。開発援助の現場で何が起き、実務家・研究者は何を考え、活動しているのか。プロフェッショナルから生の声をお待ちしています。The Povertistについて知りたい方はこちらをご覧ください。

 

開発途上国の実務・研究に携わっている方

オピニオン記事に関しては、開発援助に携わるすべての方が対象です。実務家、研究者、開発学関係の博士・修士課程在学中の方。国際機関、政府機関、NGO、市民団体、民間企業。これらにあてはまる方すべてが対象です。いくつか事例を記載しましたので参考にしてください。

 

その他の国際協力に関心のある方

開発途上国の経済・社会問題を扱う日本語のメディアは、まだまだ少ないのが現状です。The Povertistでは、海外発のニュースを日本語で要約し、コメントをつけて発信することで、新しい議論のきっかけになればと考えています。

 

報酬

執筆に係る報酬はお支払いしていません。The Povertistでは主に実務家や研究者が自らの専門性をいかした発信を通じて、プロボノで国際協力していくことを目指しています。

 

応募方法

お問い合わせフォームからご連絡ください。「こんなことなら書ける」という意思表示だけでもOKです。定期、不定期、単発での寄稿、どれも歓迎です。ご連絡お待ちしています。ご投稿後の掲載までの流れについてはこちらをご覧ください。

 

2016年2月27日

編集長