ザンビア

ザンビア、地方都市で社会保障プロジェクトを開始

Photograph: Daily Mail
Photograph: Daily Mail

リヴィングストンで現金給付事業がスタート

ザンビア南部のジンバブエとの国境の町リヴィングストン。この田舎町に暮らす750世帯が今年、現金給付を受け取る(Social Cash Transfer Programme)。

今後、2ヶ月に1度、世帯あたりZMW280(約3,000円)を受給することとなる。今年の終わりまでに同地区の社会福祉局(Department of Social Welfare in Livingstone)は、2,200世帯を対象とする見込み。

プログラム関係者によれば、現金給付の受給世帯のほとんどは、給付金を収益性のある事業へ投資しているようだ。

なお、プログラムの対象世帯の選定要件や、条件の有無などについては、報道されていない。

 

参照:750 families get cash transfer

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

thirteen − 12 =