ブータン

ブータンが社会保障改革、6ヶ月の産休を公務員に認める

Photograph: Simon Laroche
Photograph: Simon Laroche

ブータン政府が社会保障制度を改革。公務員向けの新しい産休制度が施行された。ブータンの公務員は、母親が6ヶ月、父親が10日間の産休を取得できることとなった。

これまでは、それぞれ3ヶ月と5日間だったが、改善された。養子についても出産と同様に扱われ、産休取得の対象となる。産休中は基本給、住居手当、高地手当等が支払われる。

また、職場復帰後の母親は、子供が2歳になるまでの間、授乳のためにランチタイムを長く取得することが認められる。

こうした一連の制度改革は、国民の幸福度を追及する国家戦略の一環のようだ。

 

参照:Six-month maternity leave is now real

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

5 × 5 =