ルワンダ

ルワンダで農業開発-聞こえは良いが誰が農業を営むのか?

Photograph: Sung Kyu Kim
Photograph: Sung Kyu Kim

2015年1月、ルワンダの首都キガリで開催された研究会に参加した。「経済構造転換」と「包摂的経済成長」が明らかに重要なキーワードだった。昨今のトレンドを見ればこれは自然なことだった。ルワンダの貧困削減戦略ペーパーやVision 2020を見てもこれらのキーワードは使われている。有力な研究によれば、2020年までにルワンダが中所得国になるには、貧困層の大多数が従事する農業分野で経済構造転換が必要とのこと。過去の農業開発の流れは、ルワンダの将来へどのような教訓を語るのか。ここでは農業と教育に焦点を当てて検証してみる。

 

この記事の全文はこちらから(英語)

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。

*