イスラエル, パレスチナ

私の戦争日記:魂のガザ-1日目

photo credit: Lives Some Live
photo credit: Lives Some Live
2014年夏。ラマダンが始まる直前。私たちは小規模の空爆を耳にした。その攻撃が家屋を狙い、破壊していくことに気付くのに、時間はかからなかった。10分後、空襲は激しさを増し、家屋を粉々にしていった。

可笑しなことに、イスラエルはとても優しかった。住民に予告をし、それから攻撃した。それはまるでハンティング・ゲームのようだった。

私の家は空襲現場のすぐ近くだった。とてもつらい出来事だった。家族や私は、これから始まる長い日々の序章に過ぎないことを認めたくなかった。

空襲は各所で行われた。誰も次の標的がどこなのか全く予想できなかった。いったい誰が安全を保障できるのか。敵が空から狙いを定めすべての人を攻撃できる態勢を取っているときに。

 

* これはガザ市民である筆者が体験した51日間にわたる破壊と悲しみの物語です。2014年夏、イスラエルはガザへ侵攻し、大規模な攻撃を仕掛けました。ガザの市民にとっては悪夢です。戦争は単に政治の道具ではありません。突然死を迎える人々、恐怖。いつ終わるかもわからない無限の恐怖です。この記事はLives Some Liveに掲載されたものを著者の許可を得て掲載しています。

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*