イスラエル, パレスチナ

私の戦争日記:魂のガザ-3日目

photo credit: Lives Some Live
photo credit: Lives Some Live

今日は比較的静かな一日。それは状況がよくなったわけではなく、彼らがほかの地域の攻撃で忙しいからだろう。ここには誰一人幸せそうな顔をしている人はいない。みんな悲しみに暮れている。誰かの家族の死をニュースは絶え間なく流し、街は孤児であふれかえっている。両親が殺され、子供は親を失った。

私のかわいい妹は空爆の最中ずっと泣いていた。「どこか安全な所へ行こうよ。」彼女の問いに私は答えることができなかった。どこへ行っても爆弾の豪雨が降り注ぐ。イスラエル軍の地上進行に誰もが怯えている。イスラエルは水、電気、インターネットの供給を止めようとしているそうだ。

もう書く気力を失った。

この一枚の写真が私の想いを伝えるだろう。ガザの子供たちは今、こうして眠りにつく。耳を抑えれば、恐ろしい爆音を聞かなくて済む。そうすれば安心して眠れるから。

 

* これはガザ市民である筆者が体験した51日間にわたる破壊と悲しみの物語です。2014年夏、イスラエルはガザへ侵攻し、大規模な攻撃を仕掛けました。ガ ザの市民にとっては悪夢です。戦争は単に政治の道具ではありません。突然死を迎える人々、恐怖。いつ終わるかもわからない無限の恐怖です。この記事はLives Some Liveに掲載されたものを著者の許可を得て掲載しています。

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*