シリア

シリアの貧困率が80%へ悪化、5年で3倍に

Photograph: Louai Beshara/Daily Mail
Photograph: Louai Beshara/Daily Mail

国連西アジア経済社会委員会(ESCWA)が発表した報告書によれば、直近のシリアの貧困率は83.4%と見込まれ、2010年の28%から急速に悪化した。

人道支援を必要としている人はシリア国内に1,350万人おり、この内400万人が首都ダマスカスとアレッポにいる。

平均寿命は2010年に70歳だったが、2014年には55.4歳まで悪化。

また、1,210万人がきれいな水へのアクセスが無いとされる。

 

参考:More than 80% of Syrians live below the poverty line

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

four + eleven =