カンボジア

華やかな成長の影で-慢性的貧困と一時的貧困の狭間

medium_4026800096

明るい光だけがカンボジアを照らしているように見える。暗い記憶が闇の中へ消え、華々しい経済成長はプノンペンの街をビルで埋め尽くした。車窓やバイクから人々が笑顔を振りまく。

もはや「最貧国カンボジア」は昔話なのか。

カンボジアの人々の献身的な働き振りが国の成長を支え、国際社会はそれに暖かく手を差し伸べた。カンボジアは確実に経済成長のレールの上にいる。そして多くの人々がその列車に乗り、成長の恩恵を受けつつある。

「切符は買えたか?」

買えなかった人がいる。

列車から落っこちる人もいる。

それが経済成長と貧困の関係である。

 
この記事の全文はこちらから(英語)。

photo credit: Padmanaba01 via photopin cc

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*