国際

世界飢餓指数2015-紛争と飢餓、5つのポイント

Global Hunger Index 2015

世界飢餓指数2015が発表された。これは国際NGOコンサーン(CONCERN)国際食糧政策研究所(IFPRI)が毎年発行している報告書に掲載されたもの。飢餓の計測と開発途上国のランキングを掲載している。2013年の報告書は強靭性(resilience)、2014年は微量栄養素欠乏症(micronutrient deficiency)、2015年は武力紛争がテーマとなった。

新しいポイントはどこにあるのだろうか?

1. 新しいアプローチ

過去の報告書では、国際連合食糧農業機関(FAO)の栄養不良に関するデータ、5歳未満の低体重率、子供の成長、死亡率を採用し、均等にウェイト付して指標を作っていた。今年は、低体重率の代わりに発育阻害等の指標を採用し、ウェイトの比率も変えた。

 

⇒ 続きは英語版をご参照ください

 

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

sixteen − 12 =