開発途上国に関するニュース

国際

貧困線を1.90ドルへ世界銀行が変更-貧困率は10%未満へ

Photograph: Asian Development Bank

世界銀行が貧困ライン(国際貧困線)の定義を1.25ドルから1.90ドルへ変更すると発表した。これまで、開発途上国の貧困率を計測する際に、1日あたり1.25ドル未満で生活する人々を絶対的貧困層としてきた。しかし、今後は1.90ドル未満で生活する人々を貧困層とみなすこととなる。