国際

2016年国連総会で生まれた世界のリーダー10人の名言

Photograph: Ippei Tsuruga
Photograph: Ippei Tsuruga

国連総会で生まれた世界のリーダー10人の名言

先週から開催されている国連総会。ニューヨークでは毎年恒例の風物詩となっています。国連総会は、世界が抱える問題や地域情勢を国際社会に訴える場として、世界のリーダーが一般討論演説を行うことは良く知られています。世界のリーダーが各国を代表し何を訴えるのか。与えられた短い時間に各国の最重要課題だけが凝縮されています。今回は、「世界のリーダーたちの名言集」と題し、一般討論演説で語られた世界の課題を纏めてみたいと思います。

 

テロや紛争が激化する世界情勢

 

不安定な世界情勢が求めているものは何か。貧困や人道危機へ一丸となって取り組むことである。

エレン・ジョンソン・サリフ(リベリア共和国大統領)

 

複雑化する世界情勢を踏まえれば、国連の役割がかつてないほど重要となっている。

アガピト・ンバ・モクイ(赤道ギニア共和国外務大臣)

 

世界経済の停滞

 

世界経済の停滞と崩壊が進む今、国際社会の団結が不可欠である。

エルラン・イドリソブ(カザフスタン共和国外務大臣)

 

日本は国連強化のため努力を惜しみません。日本国民への信頼にかけて、お約束したいと思います。

安倍晋三(日本首相)

 

今こそ行動に移す時だ。SDGsやパリ合意はスローガンではない。世界が待ち望んだコンセンサスなのだ。ある国の取り組みが、他の国の達成状況を左右する。私たち一人一人が役割を課せられている。

ポール・カガメ(ルワンダ共和国大統領)

 

世界は交差点に差し掛かっている。世界情勢をたった一言で表すと何か。不安定(Instability)である。

ギョルギェ・イヴァノフ(マケドニア旧ユーゴスラビア共和国大統領)

 

国際社会が直面する課題全般

 

汚職は一切容認しない。

ジミー・モラレス(グアテマラ共和国大統領)

 

アメリカの制裁は続いている。進展はあったが、国交正常化への道は長い。

ブルーノ・ロドリゲス(キューバ共和国外務大臣)

 

私の国と人々の未来は、危機に瀕している(気候変動対策を訴えて)。

ターネス・マーマウ(キリバス共和国大統領)

 

私が昨年ここで話してから、百万人以上の移民がギリシャへ入国した(難民受入国への支援を訴えて)。

アレクシス・チプラス(ギリシャ共和国)

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

two × 5 =