Kanako Miyachi

国際

紛争影響下のGBV-IPVを取り残さない

Photograph: Syracuse University

夫やパートナーなど「親しいパートナーからの暴力(Intimate Partner Violence: IPV)」は、最も一般的な女性に対する暴力の形態の一つだ。81カ国での調査で、15歳以上の女性の30%が、生涯に身体的または性的なIPVを受けている。