カンボジア

カンボジアで成長中の鉱業・石油・ガス産業で、中国政府からの援助を検討

Photograph: Ippei Tsuruga
Photograph: Ippei Tsuruga

カンボジアの鉱工・エネルギー省は、国内で成長中の鉱業産業における人材の能力向上のため、研究・訓練学校の設立に向けて中国政府と交渉中であることが分かった。クメールタイムズ紙が報じた。

現在カンボジアでは、モンドルキリ州で金鉱床が発見されたという最近のニュースに続き、海洋沖での石油抽出計画も進行しており、同省のメン・サクテアラ長官は、カンボジアの鉱業・石油・ガスセクターの長期的な開発のため準備中であることを明かした。

現在の計画では、最大4000万ドルの援助で研究室や寮を含む施設の建設を検討中で、鉱床に近いモンドルキリ州の5ヘクタール程度の土地に目をつけている。この建設費の援助について中国政府と交渉中だ。

一方で、その土地の近くに現地の人々の祖先が眠る墓があることから、現地住民から反対の声が上がっている。

メン長官は鉱業セクターに対し、建設される学校から優秀な労働者を輩出できるよう、教育面でサポートすることが期待されると述べた。

 

CBP Logo

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

two × five =