中国

中国農業発展銀行が貧困削減に50兆円の融資計画

China Flag

中国農業発展銀行(Agricultural Development Bank of China)が、2020年までに3兆元(約50兆円)の貸付を計画していると報じられた。中国政府が進める貧困削減イニシアティブの一環と見られている。

資金の使途は、農村部のインフラ建設、穀物生産、貧しい人々の住民移転、観光、環境、教育など、多岐に渡るとされる。

昨年10月に、中国は7,000万人の貧困層全員を貧困ラインから上へ押し上げることを目標に掲げることを発表した。

今回の大規模なファイナンス計画は、その一環と捉えてよいだろう。

 

参考資料

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

fifteen + nineteen =