ネパール

貧困とジェンダー、ネパール母子家庭の貧困率は男性世帯よりも低い

Children, Nepal

2011年に実施された家計調査(NLSS-III)によれば、ネパールの貧困率は25.16%。男女別にみてみると、女性が長の世帯(Female-headed households)の方が、男性が長の世帯よりも貧困率は低い。

記事下部に記載した参照記事は、残念ながら理由について言及しておらず、論理的な構成になっていないため読みにくい。しかし、著者が紹介している地元の人の声や実情は興味深い。

「男性は女性の25%しか働いていない。女性が農地を耕し、野菜を育て、収穫する。女性は抱えられるだけ野菜を抱え、市場へ売りに行くが、男性はより多くの野菜を自転車や牛車で売りに行く。」

ここで言わんとしていることは明確にはわからないが、文脈からすると、「女性の方が真面目に体を動かして働き、男性は楽して金を稼ぐ」ということを批判的に書いているようだ。

開発経済学の教科書で勉強するセオリーでは、「女性が長の世帯は男性労働力が不足するため、生産性が低い。したがって、貧困率は高くなる。」と勉強した記憶がある。

しかし、ネパールしかり、東南アジア諸国では、女性が長の世帯の貧困率が相対的に低い現象がみられる。

今回のネパールのケースから考えられることとしては、「女性は一人でも高い生産性を持つが、男性の生産性は女性よりも低い」ということだろうか。

これについて長年詳細に検証してみたいと思っているが、まだ手を付けられていない。

 

参照:Poverty and gender

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

1 × four =