ガーナ

ガーナが貧困層向け社会保障・雇用拡充プログラムを開始

Photograph: Geraint Rowland
Photograph: Geraint Rowland

ガーナ政府は欧州連合(EU)からEuro 31.6 millionの財政支援を受け、社会保障と雇用に関するプログラムを開始する(Ghana Employment and Social Protection: GESP)。実施期間は2016年から2020年までの4年間。

プログラムは4つのコンポーネントで構成され、社会保障システムの効率化と雇用制度改革に中央・自治体レベルで包括的に取り組む。

社会保障制度に関しては、特に貧困層や脆弱な生活基盤を持つ人々への裨益を狙っており、社会保障を通じた雇用機会の創出を実現したい構えだ。

 

参照:Ghana signs €31.6m employment programme agreement

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

fourteen − 1 =