エチオピア

パナソニックのソーラーランタン10万台プロジェクト、エチオピアで暮らす国内避難民に2,400台を寄贈

Photograph: Panasonic
Photograph: Panasonic

パナソニックが実施するソーラーランタン10万台プロジェクトとは?

パナソニックは、CSR活動として実施している「ソーラーランタン10万台プロジェクト」の一環として、国際移住機関(IOM)エチオピア事務所にソーラーランタン2,400台を寄贈しました。その寄贈式典が2016年7月14日、IOMエチオピア事務所長のモリーン・アチエン氏、鈴木量博駐エチオピア特命全権大使をはじめとした関係者の出席のもと、開催されました。

ソーラーランタン10万台プロジェクト」は、パナソニックのソーラーランタンを活用した企業市民活動(社会貢献活動)の取り組みです。世界では約12.1億人もの人々が電気のない生活を送っていますが、電気の明かりがないために夜間の活動が大きな制約を受け、教育や保健医療、経済、安全などに関わるさまざまな問題を抱えています。

このプロジェクトは、太陽光を使って発電する小型照明器具(ソーラーランタン)を新興国・途上国の無電化地域にくらす人々に寄贈することにより、人々が直面する社会課題の解決に寄与し、生活の質の向上のために活用いただくことをねらいとする取り組みです。なお、例外的に、大規模自然災害の被災地支援や感染症対策の緊急支援のための寄贈も行っています。

「ソーラーランタン10万台プロジェクト」は、2012年度よりスタートし、ミャンマー、カンボジア、インドなどアジア・アフリカ諸国17カ国に2016年3月末までに、累計6万1千台を超えるソーラーランタンを寄贈しました。アフリカには今まで8カ国に合計約1万1千台寄贈しており、エチオピアへは今回が初めての寄贈となります。

 

エチオピアで暮らす国内避難民に2,400台を寄贈

Photograph: Panasonic
Photograph: Panasonic

2016年7月14日にパナソニックは、「ソーラーランタン10万台プロジェクト」の一環として、国際移住機関(IOM)エチオピア事務所にソーラーランタン2,400台を寄贈しました。寄贈式典にはIOMエチオピア事務所長のモリーン・アチエン氏、鈴木量博駐エチオピア特命全権大使をはじめとした関係者が出席しました。

式典において、モリーン・アチエンIOMエチオピア所長は「国内避難民が暮らす地域は、エチオピア国内でも最も厳しい環境にあり、その中でも女性や子どもはより厳しい立場におかれています。今回、ご寄贈いただいたソーラーランタンは、このような人々に貴重な明かりをもたらすものであり、これを機に官民連携の強化をしていきたい。改めて貴重な寄贈に対して、IOMとしても受益者に代わって心から感謝の意を表します」と発言しました。また鈴木大使は、今回の寄贈はアフリカ諸国の社会経済開発のために、国際機関、政府、民間企業が協力する新たなモデルになり得るとコメントしました。

寄贈されたソーラーランタンは、エチオピア国内3州にある国内避難民のコミュニティにおいて、保健所、青少年センター、交番など計120カ所での活用を予定。保健医療、教育、安全などの面において、人々の生活の改善に寄与することが期待されています。

 

2018年に10万台達成へ、SDGsへの貢献も目指す

寄贈相手先団体からソーラーランタンが、子どもの学習や成人の識字教育、安全な出産や治療、所得創出など、夜間のさまざまな活動に有効に活用されているとの報告が届いており、日本の活動と技術が世界の様々な場所で貢献しています。

パナソニックは、「ソーラーランタン10万台プロジェクト」を今後さらに加速し、創業100周年を迎える2018年に10万台の寄贈を実現するとともに、2015年9月に国連において世界の首脳により採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成への貢献を目指します。

パナソニックのCSR・環境活動はもっと知りたい方はこちらから!


記事提供元:エチオピアで暮らす国内避難民にソーラーランタン2,400台を寄贈~パナソニックのソーラーランタン10万台プロジェクト~(PR TIMES)

Africa Quest Logo

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

sixteen − 8 =