ブラジル, メキシコ, 国際

貧困層に金を配れ-現金給付と貧困削減

一見挑発的なタイトルだが、実は非常に冷静に書かれた書籍。『Just Give Money to the Poor』は英マンチェスター大学にある慢性的貧困研究所(Chronic Poverty Research Centre)の研究員が2010年に出版したもの。出版から3年が経ち、社会的保護の議論を取り巻く環境が大きく変化してきた。ただ、本書が扱うトピックは今なお有効なものが多く、条件付現金給付や社会的保護のプロジェクトに関与する人ならば一度は見聞きする議論をカバーしている。
本書はメキシコやブラジルの事例を取り上げながら読みやすく纏められているため、これからキャッチアップしたい日本の開発援助関係者にとっては最良の一冊。今回は本書を少しだけ紹介する。
この記事の全文はこちらから(英語)。
External Link
Just Give Money to the Poor: The Development Revolution from the Global South (Amazon.co.jp)
Just Give Money to the Poor (要約資料)

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*