アジア・大洋州

民間セクターの社会保障における役割とは?

社会保障制度と言えば、公的セクターの役割と答えるのが一般的だろう。しかし、民間セクターの社会保障における役割にも注目が集まりつつある。

「近年、組織構造が非常に複雑になりつつある。それ故に、公的部門と民間部門を切り分けることが非常に難しくなっているのが実態だ。」

こう語るのは、シンガポール国立大学公共政策大学院のムクル・アシャー(Mukul Asher)教授。社会保障分野において、民間部門が公的部門の役割をどのような形で補完することが可能なのか。

アジア開発銀行が主催した「社会保障週間(Social Protection Week)」で実施されたインタビューをご覧頂きたい。

 

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

8 + sixteen =