リベリア

世界銀行がリベリアの社会保障支援へ11億円融資

photo credit: Adam Cohn
photo credit: Adam Cohn

5月3日、世界銀行がリベリアのソーシャル・セーフティネットプロジェクト(LSSNP)へ10百万ドル(約11億円)の融資を決定した。

最貧層へ現金給付を実施するプログラムで、一万人が受益すると見られる。また、同プログラムには、現金給付の対象世帯の食糧安全保障を支援するコンポーネントも付帯する。

 

参照:World Bank Approves US$10M for ‘Social Safety’

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

one × three =