カンボジア

カンボジアで公共バスの導入と地雷撤去活動へ、無償資金協力32億円供与

Photograph: Ippei Tsuruga
Photograph: Ippei Tsuruga

9月27日、日本政府とカンボジア政府の間で無償資金協力2件に関する交換公文の署名が行われました。概要は以下のとおりです。

1)プノンペン公共バス交通改善計画(供与限度額13億9,600万円)

カンボジアの首都プノンペンでは、近年の経済発展や急激な都市化を背景に交通渋滞や都市環境の悪化が深刻化、早急な対応の必要な課題となっています。この協力は、交通渋滞が深刻化しているプノンペンのバス公社に対し、公共路線バス網の整備を行うために必要なバスを供与するものです。本協力を通じ、公共路線バスの輸送力増強による交通渋滞の改善を図り、もって経済基盤の強化に寄与することが期待されます。

2)第三次地雷除去活動強化計画(供与限度額18億1,000万円)

この協力は、カンボジアの地雷除去において中心的な役割を果たしているカンボジア地雷対策センター(Cambodia Mine Action Centre:CMAC)に対して、地雷除去機の提供、同機材を用いた除去活動の推進、地雷除去後の土地の農業インフラ整備及び農業トレーニングに必要な資金を供与するものです。この協力を通じ、地雷原周辺にする住民が地雷及び不発弾の脅威から解放されるとともに、農道整備等により地域の経済的・社会的開発が進み、生活水準の改善が期待されます。


配信元:外務省

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

five × 2 =