ナイジェリア

ナイジェリア・ラゴス州でJICAが10億ドルの都市鉄道事業を準備

Photograph: Streetcar crossing
Photograph: Streetcar crossing

JICAがナイジェリア最大都市ラゴスの都市鉄道を整備

現地報道がラゴス州政府の話として伝えたところによると、JICAがラゴス州の鉄道建設に協力する。事業規模は10億ドル(約1,000億円)と伝えられている。

事業名は、「ナイジェリア国ラゴス都市鉄道整備事業(Lagos Urban Railway Development Project in the Federal Republic of Nigeria)」。昨年9月にJICAが公示していた準備調査のことと見られる。同準備調査の業務指示書によれば、有償資金協力(円借款)による事業実施を見込んでいるようだ。

 

JICAとしては初の大型事業

ナイジェリアでは、JICAの知名度は極めて低い。実際に現地報道を見ていただくとわかるが、民間企業としてJICAが紹介されているほど、あまり知られた存在ではない。

欧米ドナー諸国にとってナイジェリアは、援助機関職員の出世コースとして考えられるほど、特別な扱いをしている国。英語圏でかつ地理的にも近いナイジェリアは、アフリカの中でも欧米とのつながりが強い国といえる。

このような欧米ドナー有利の環境下において、日本の援助機関であるJICAがナイジェリアで大型プロジェクトを展開することはこれまであまりなかった。それだけに、今回の大型案件実施の報道は、歴史的快挙と言うにふさわしいかもしれない。

アフリカ最大の経済都市ラゴス。その中心で日本のモノレール技術を使った新しい都市交通網が整備される日は近い。

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

three × three =