国際協力機構(JICA)

国際

サッカー選手の夢破れ、国際協力の世界へ

サッカー選手の夢破れ、国際協力の世界へ

高校時代に自身が経験した貧困体験、サッカー選手になれなかった悔しさを元に、国際協力の専門家になることを夢見て一念発起。JICAでのインターン、総合商社、国際NGO、英国大学院を経て国際機関で勤務する筆者の経験談をシリーズで語っていきます。

国際

さよならJICA、はろーケンブリッジMBA

さよならJICA、はろーケンブリッジMBA

本日、5年強勤めた JICAを退職した。5年間、あっという間、では決してなかった。楽しいこともあれば、辛いこともあった。色んな思い出が蘇る。決して途上国での仕事が嫌になったわけではない。寧ろJICAで働いたからこそ、僕の人生は途上国に懸けたいと確信し、より強く思うようになった。