カンボジア

カンボジアの水・衛生事情

s-DSCF6341
上下水道の設備が徐々に整えられつつあるが、首都プノンペンでさえ、まだまだ安心して水道水を利用できる水準にはない。レストランでさえ水には気をつけたほうが良い。熱いお茶を頼むのが良いだろう。ホテルにはミネラルウォーターが常備されているし、カンボジア人も生水は飲まない。30度を超える暑さの中で汗をかきながら熱いお茶をすするのが少々つらいが、レストランではそうするほうがよさそうだ。ただし、冷たいお茶を希望するなら氷を入れてくれる。氷もミネラルウォーターで作っているか怪しいのでお腹の弱い人は止めておいた方がよいかもしれない。

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*