イギリス

イギリスEU離脱の開発途上国へのインパクト、英国シンクタンクがイベント開催

photo credit: spiderman (Frank) via photopin cc
photo credit: spiderman (Frank) via photopin cc

世界屈指のシンクタンクである英国海外開発研究所(ODI)が、イギリスEU離脱(BREXIT)に関するパネルディスカッションを開催する(開催情報は記事下部)。

世界の株価は2兆ドルの損失を記録し、BREXITに伴うリスク回避の動きが鮮明となっている。さらに、流動性の低い開発途上国のマーケットでも、ボラティリティの高い動きが続いており、すでに目に見える影響が出ている。

イギリス政府の開発援助政策に影響力をもつシンクタンクが開催するイベントなので、注目したいところだ。日本からもオンラインで視聴が可能なので、是非登録してみてはいかがだろうか。

 

日時

7月7日18:00-19:30(現地時間:GMT+1 )

 

登壇者

David Luke – Coordinator of the African Trade Policy Centre, UN Economic Commission for Africa (UNECA)

Vicky Pryce – Economist and former Joint Head, UK Government Economics Service

Mohammad Razzaque – Adviser and Head of the International Trade and Regional Cooperation Section, Commonwealth Secretariat

Phyllis Papadavid – Team Leader in International Macroeconomics, ODI

 

登録方法

ODIホームページから登録可能

 

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

nine − 5 =