ミャンマー

アジア開発銀行、ミャンマー観光業へ300万ドル、貧困削減日本基金より拠出

Bagan, Myanmar

アジア開発銀行(ADB)がミャンマーの観光業へてこ入れを行う。日本政府がADBに設置している「貧困削減日本基金(Japan Fund for Poverty Reduction: JFPR)」を通じ、300万ドル(約3.3億円)を無償で資金提供する。

案件の支援対象となるのは、伝統工芸や食品などを扱う零細企業。低所得者層が多い小規模ビジネスを支援することで、貧困削減と持続可能な経済成長を目指す。

日本企業の進出が著しいミャンマー。今後、政情の安定が続けば、観光客も一層増えると見られる。

 

参照:ADB, Gov’t inject $3 million into Mon State tourism industry

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。 実名での投稿を優先的に掲載させていただきますので、全ての項目にご記入下さい。

*

7 + ten =