カンボジア

ID Poor(カンボジアにおけるCCTのターゲティングツール)

概要

ID Poor はNational Identification of Poor Households programme の略称。文字通り、貧困家庭を見つけ出すことを目的としたターゲティングプログラムの一種である。これはドイツのGTZの技術協力の下、カンボジア政府計画省と内務省が実施しているもので、カンボジア国家社会保障政策(National Social Protection Strategy)に正式に採用されつつある。この決定がなされると、カンボジア政府が実施する社会福祉政策の多くに、ID Poor がもちいられることとなる。


仕組みと規模

ID Poor プログラムはドイツの援助機関GTZの協力の下で2007年から開始され、18県、7347の村を既に網羅しており、今後2年おきにこれらのデータは更新 されていく予定である。技術的には、プロキシミーンズテスト(Proxy Means Test)という手法を用い、経済指標に基づく家計データから、家族ごとに3つのグループに分ける(最貧困層:貧困層:貧困層以外)。さらに、このアン ケート調査は、経済指標以外(教育水準および家族構成など)のデータも取っており、それらは必要に応じてVillage Representative Group (VRG)という特設委員会にかけられ、考慮されることとなっている。 こうして、ID Poorは受益者を決定するために用いられる予定なのである。また、ID Poor プログラムは、既に実施されている Health Equity Funds (HEFs) のデータベースと仕組みを使ったものである。


関連記事

カンボジア国家社会保障政策枠組み


外部リンク

About ID Poor (The National Committee for Sub-National Democratic Development)
Identification of Poor Households Programme (Ministry of Planning: Cambodia)
IDPoor Pamphlet (Ministry of Planning: Cambodia)
IDPoor Questionnaire (Ministry of Planning: Cambodia)
IDPoor Procedures Manual (Ministry of Planning: Cambodia)

ご意見をお待ちしております

ご投稿が採用された場合は読者投稿欄「レター」に記事として掲載されます。投稿内容が記事下に自動表示されることはありません。

*