国際

世界銀行が「開発途上国」カテゴリをデータベースから削除

Photograph: World Bank
Photograph: World Bank

「開発途上国」が消える日

世界銀行が発表した2016年の世界開発指標(World Development Indicator)から大きく変わった点が話題を呼んでいる。

開発途上国(Developing Countries)と先進国(Developed Countries)のカテゴリが消えたのが一番の驚きだ。

この背景には、以下の2つの理由があるようだ。

  • 時代とともに開発途上国というカテゴリが意味をなさなくなってきたこと。
  • 持続可能な開発目標(SDGs)が開発途上国だけでなく、全ての国を対象としている以上、「開発途上国」というカテゴリをあえて維持する意味がなくなったこと。

そもそも、開発途上国の定義が曖昧だったことが今回の変更の大きな理由にあると思われる。事実、「高所得国」から「低所得国」といったカテゴリが今後使われることとなり、経済規模の大小に関する分け方は維持される。

このほかにも、SDGsの採択と同時に昨年公開された1.90ドル貧困ラインについても、データベースに新たに加えられている。

WDIをこれまで使ってきた多くの研究者や実務家泣かせのこの変更。SDGs時代に即した変更に私たちも適応していかなければならない。

 

参考:The 2016 edition of World Development Indicators is out: three features you won’t want to miss

3 Comments

  1. 敦賀一平様 「開発途上国」が消える日、大変興味深く拝読しました。
    私はODAの専門誌である『国際開発ジャーナル』の編集部にいます。敦賀さんの記事で初めてこの件を知りましたので、感謝しています。是非、弊誌でもこの件、紹介したく思います。ところで、この動きは、国連機関にも影響するのでしょうか? ご存知でしたら、ご教示ください。

  2. コメントありがとうございます。残念ながら確証はないのですが、Developing / Developedの分け方がなくなっていくように感じます。オープンデータで一番進んでいるのが世界銀行で、他の援助機関は世銀のデータを使って分析したり、報告書を書いています。世銀だけでなく援助業界全体からこのカテゴリが消えていくのは自然な流れかと思います。

  3. Pingback: 最も読まれた記事 TOP 10(2016年5月) | The Povertist

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*